2017年06月09日

「LIFULL HOME'S 海外不動産投資セミナー」のご案内

6月24日(土)の海外不動産投資イベントに、ゲストスピーカーとして登壇します。

主催企業のLIFULとは何だろうと思った人もいるかと思いますが、旧ネクスト社が社名変更した会社であり、ホームズという不動産ポータルサイトを運営している企業です。
http://www.homes.co.jp/

当日の私の担当は午前11時からですが、「最新の国際情勢から見る投資戦略」という、こりゃまたなんとも難しいテーマでの講演です。

北朝鮮やシリア問題といった地政学的な観点もありますし、原油減産により資源国の通貨及び不動産価格の上昇が期待されていて、ロシアに資金が流入しているという話題もあります。
スペインでは、銀行の不良債権対策として、50万ユーロ(約6,200万)以上の不動産購入者には投資家ビザ(永住権)を与えるとか。

そんな情勢変化を鑑みつつ、海外不動産投資を考える際に考えておきたい視点の紹介を中心に考えています。

たとえば不動産価格の上昇にはいくつかの要因があり、スリランカでは2009年に内戦が終了し、海外からの資金流入で不動産価格が上昇しています。
ミャンマーも民主化が評価されてアメリカの経済制裁が解除されたことで、こちらも首都ヤンゴンを中心に不動産価格が上昇。
これらは、「経済成長を阻害していた要因が排除された」ことによる不動産価格の上昇です。

※ただし、外国人が個人で所有することはできず、現地人を役員に入れた法人名義での取得が一般的です。

あるいはベトナム。
2015年に外国人の不動産所有が解禁され、不動産取引が活況になっていますが、こちらは規制緩和です。

一方、シンガポールは2013年、外国人の不動産取得に対し、印紙税を引き上げたことで、不動産価格が下落しました。
マレーシアも2016年、外国人の不動産購入最低金額50万リンギット規制を100万リンギに上げたことから、やはり不動産価格が下落しています。
これらは規制強化による不動産価格上昇の抑制ですね。

こうした法的な環境変化によって、個人の投資戦略は影響を受けます。
さらに中国のような送金規制がある国では、家賃収入や売却代金の使い道も変わってくるでしょう。

また、ローンの側面からも影響があります。
たとえば外国人にも融資してくれる銀行のひとつHSBC(香港上海銀行)では、ある国でプレミアアカウントを持てば、他国でも申請だけでプレミアアカウントを開設できます。
プレミアアカウント開設には、香港のHSBCでは約1千万円の預金が必要ですが、マレーシアでは約550万円で開設できます。

私もマレーシアで持ったプレミアアカウントを使ってアメリカのHSBCでプレミアを取得し、ローンを組んで不動産を購入しました。
アメリカのHSBCでは1万ドル、つまり1,100万円預ける必要がありますが、すでに他国でプレミアがあるので追加預金は不要なのです。

しかしプレミアを持っていない人はどうするか。
最新情報ですが、アメリカのHSBCでは、1万ドル(約110万円)くらいの預金で開けるアドバンス口座でもローンが組めるようになったそうです。(若干金利がアップするとのこと)
ローンのハードルが下がり、買いやすくなったと言えます。

それ以外にも、供給過剰になりやすい市場、なりにくい市場、賃貸として有利な市場、そうでない市場など、様々な視点から海外不動産投資戦略を考える際に参考になる(と思われる)情報を提供したいと思っています。
ぜひご期待ください!(といって自分でハードルを上げる・・・苦笑)

申し込みは先着200名様とのことですので、ぜひお早めに!

■┓   5カ国の最新不動産情報+豪華スピーカー陣が集結!
┗╋……………………………………………………………………………………
  ┃  LIFULL HOME'S 海外不動産投資セミナー
  ┃  2017年6月24日(土)開催 <軽食、来場特典付>
  ┃ http://toushi.homes.co.jp/event/20170624/?cmp_id=03_pooeee_00000013

世界中の不動産情報、最新トレンドやノウハウが一日で手に入る、
日本最大級の海外不動産イベントを開催いたします。

午堂登紀雄氏をはじめとした豪華ゲストスピーカー陣を迎え
海外不動産投資の最新情報やトレンドの話題を徹底解説いたします。

アメリカ、モンゴル、ラオス、カンボジア、タイ、イギリス、マレーシアの
厳選した最新不動産情報を共催企業5社よりお伝えします。
その場で不動産投資の直接相談が行えるブースもご用意いたしました。

来場者特典として、抽選で海外旅行券3万円分をはじめとした豪華賞品をプレゼント!

会場では軽食のご用意もございます。
ぜひ、お誘い合わせの上LIFULL HOME'S 海外不動産投資セミナーまで足をお運びください!


▼イベント詳細・参加申込みはこちら(先着200名様)
http://toushi.homes.co.jp/event/20170624/?cmp_id=03_pooeee_00000013


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
LIFULL HOME'S 海外不動産投資セミナー 講演プログラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<11:00〜11:30>
「最新の国際情勢から見る投資戦略」
午堂 登紀雄(株式会社プレミアム・インベストメント&パートナーズ代表取締役)

<11:40〜12:25>
「後発新興国の魅力に迫る!完成済物件+利回り保証で
 リスクを徹底的に抑えたモンゴル・ラオス不動産セミナー」
小林 リヒャルド ワルター (株式会社SIBJフィナンシャルグループ 代表取締役)

<12:35〜13:20>
「本当は教えたくない!アメリカ “メンフィス不動産投資セミナー”」
柳原 大輝(WIN/WIN Properties, LLC パートナー)

<13:30〜14:15>
米ドル資産を築き為替リスクから資産を守るカンボジア不動産投資セミナー
松本 憲幸(富士ハウジング株式会社 本社 海外事業部 部長)

<14:40〜15:10>
「海外不動産購入後の管理・売却について」
鈴木 学(アジア太平洋大家の会 会長)

<15:20〜16:05>
準備中

<16:15〜17:00>
「最も売れている“2大”プロジェクトのスキーム大公開!
多くの投資家が選ぶ理由と運用術とは?」
犬塚 伸彦(株式会社デュアルタップインターナショナル)

<17:30〜18:15>
「パネルディスカッション 〜海外不動産投資戦略・海外金融・国際税務の最前線〜」
伊藤 耕一郎 (伊藤国際会計税務事務所 公認会計士・税理士)
長谷川 建一 (Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank (NWB)取締役兼COO)
田中 圭介(株式会社エイリック 代表取締役 )


▼講演プログラムの詳細はこちら
http://toushi.homes.co.jp/event/20170624/?cmp_id=03_pooeee_00000013


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
LIFULL HOME'S 海外不動産投資セミナー 概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆日程
2017年6月24日(土)11:00〜19:00(入退場自由)

◆会場
株式会社LIFULL本社8階(東京都千代田区麹町1-4-4)

◆交通
地下鉄半蔵門線「半蔵門駅」 3a出口より徒歩2分
地下鉄有楽町線 「麹町駅」3出口より徒歩6分

◆参加費
無料(定員200名)

◆主催
株式会社LIFULL
(LIFULL HOME'S運営会社)

◆詳細
http://toushi.homes.co.jp/event/20170624/?cmp_id=03_pooeee_00000013

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■その他のセミナー

〇6月10日(土)成功者の資産運用戦略in名古屋
http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2017/06/10/

〇6月11日(日)海外不動産投資フェア2017
https://www.o-uccino.jp/global/seminar/9086/?waad=ool6o6LX

〇7月8日(土)都心マンション投資徹底理解セミナー
http://rei-masters.net/seminar/date/170708/



■有料メールマガジン

まぐまぐ大賞2016のビジネス部門で3位受賞!
「午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門」
http://www.mag2.com/events/mag2year/2016/category/business.html

現在進行形で取り組んでいるビジネス・投資・コスト削減策など
の活動状況とその成
果を紹介しています。

今後発売する新刊の原稿も先んじて全文公開しており、私の著作
すべてをこのメルマガで読むことができます。
また、新刊をプレゼントする特典もついています。
http://www.mag2.com/m/0001370991.html


■書籍近刊

「33歳で資産3億つくった僕が43歳であえて貯金ゼロにした理由」
http://amzn.to/2oLyCtH
※書籍の中に特別プレゼントページがあり、「不動産投資のABC」
というノウハウPDFを無料プレゼントしています。

「いい人をやめれば人生はうまくいく」(日本実業出版社)
http://amzn.to/2gJoA7Y

『仕事が速いお金持ち 仕事が遅い貧乏人』(学研プラス)
https://goo.gl/xxoJtT

「資産5億円を築いた私の お金が増える健康習慣」(アスペクト)
http://goo.gl/2DFUUH

『いつも時間に追われている人のための「超」時間術』(総合法令出版)
http://goo.gl/xxz8VS

「新版 貧乏人が激怒する 新しいお金の常識」(光文社)
http://goo.gl/Bcru1k

「やる気が出るスイッチの入れ方」(WAVE出版)
http://goo.gl/DcPyHo

「グーグル検索だけでお金持ちになる方法
〜貧乏人が激怒する2020年のマネー戦略」(光文社)
http://goo.gl/RNnWdy

「知っている人だけ得をする ローン0円住宅のつくりかた」(双葉社)
http://goo.gl/ge733R

「世帯年収600万円でも諦めない! 夫婦で年収5000万円になる方法」
(KADOKAWA/メディアファクトリー)
http://goo.gl/XeTy23
posted by 午堂登紀雄 at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オールアバウトの連載読みました。
私はインデックス投資家でも、個別株投資家でもなく、純粋にあなたのコラムを楽しんでいたのですが、非常に残念な内容に感じました。
『本当に儲かっているなら、他人が何を言おうが気になることはなく「ふうん」とスルーできるはずですが、実際にはたいして儲かっていないから余計腹が立つのでしょう』とのことですが、それならばあなたこそ「ふうん」とスルーできるのではないでしょうか。でもあなたは、それができずにインデックス投資家の悪口を書き連ねた。自分が言っていることとやっていることが違う。
今まで楽しく読んでいただけに、余計に残念です。
Posted by at 2017年06月20日 00:20
コメントありがとうございます。
私は誰かを名指しで批判することはありません。
しかし私を名指しで批判してくる人がいます。そういう人へのメッセージです。

また、私は仕事として書いているのでこれもテーマのひとつです。
この内容に当てはまらないのでしたら、適当にスルーしていただければ幸いです。
Posted by 午堂登紀雄 at 2017年06月20日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック