2017年04月26日

ついに銀行の融資姿勢に変化が!

第二子が生まれてバタバタしている間に花見のタイミングを失してしまいましたが、新緑が映える気持ちのよい時期になりました。

さて、最新刊「33歳で資産3億つくった僕が43歳であえて貯金ゼロにした理由」
http://amzn.to/2oLyCtH
の中から、トピックを1つご紹介します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「私たちはお金を使って環境を作ってきた」

意識したことはあるでしょうか。「私たちはお金を使うことで、他者と差別化された人生を作ってきた」ということに。

ビジネススクールや英会話教室、スポーツクラブなどに行けば、当然ながらお金がかかります。
しかしその出費と引き換えに、他人より優れたスキルや運動能力を手に入れることができる。
あるいはその能力を他者よりも強化することができる。

私の妻はピアニストですが、学生時代、高い月謝を払って著名な先生についたからこそ、競争率の高い音楽大学に進学でき、国際的なピアノコンクールで入賞できたと言っていました。
また、彼女のビジネスであるボイストレーニングスクールは、音大時代に学んだ声楽の技術が活かされています。

私自身も、簿記1級や米国公認会計士の資格を取得するために専門学校に通いましたし、論理的思考力を身につけるためビジネススクールが主催するコースに通いました。
英語力向上のため、夫婦そろってフィリピンの英語学校にも通いました。

つまり資本主義社会では、効率よくスキルや能力を高めようとすると、多少なりともお金はかかるもの。
お金を払ったからこそ、一般に流通していない貴重な専門知識やスキルを教えてもらえるし、短期間で効率よく習得することができます。

また、豊かで充実した生活も、ある程度お金をかけることで得ることができます。
未知の経験を既知にすることで、選択肢が増えていきます。
たとえば運転免許を取るにはお金がかかりますが、免許を取れば「自分で運転して好きな所へ自由に行く」ことができ、行動範囲もレジャーの楽しみ方も増える。
CDを聞くだけより、ライブに行ったほうが感動するし、レストランで人をもてなすことで人間関係を広げたり深めたりすることができる。
家にお金をかければ心地良い住環境を作ることができるし、旅行にお金をかければ自分が持っている常識とは違う世界に触れて視野が広がる。

そんな感動や感激を経験できれば、人生の楽しみ方がどんどん増えていきます。
お金を使えば経験できることの選択肢がぐっと広がります。

反対に、お金を使わなければ、自分の環境は何も変わることがありません。
もちろんお金をかけなくても人生を楽しむ方法はたくさんありますが、やはり限界があります。

お金を使わない生活とは、今の自分の生活圏の外側へ踏み出さないということです。
自分が馴染んでいる世界の中だけで生きるのは、確かに安心で心地いい。
しかし、今の自分が見たことのないない世界を体験しないとか、今の自分が持っていない発想や価値観に触れないという生活は、自分が進化しないということを意味します。

それは味気ない人生ではないか。
だから私は、ガンガンお金を稼ぎ、それを自分や自分の大切な人の成長や進化のために使いたい。

そして、「死の間際がもっともお金持ちになっていて、多額のお金を残したままこの世を去る」という平均的な日本人の生き方ではなく、使い切って人生の貸借対照表をチャラにして死ぬ、というのが理想です。(もっとも、何歳まで生きるかはわからないのでそううまくはいかないと思いますが、ひとつの理想として、です)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「33歳で資産3億つくった僕が43歳であえて貯金ゼロにした理由」
http://amzn.to/2oLyCtH
※書籍の中に特別プレゼントページがあり、「不動産投資のABC」というノウハウPDFを無料プレゼントしています。
もしよろしければ、ぜひ書店で手に取っていただけたらと思います。


■銀行の融資姿勢に変化

金融庁が賃貸物件への過剰融資に注意しているというニュースを見たことから、昨日銀行の担当者に聞いてみたら、明らかに融資は厳しくなっていると回答がありました。
都銀はすでに融資の蛇口を締め始めていることは知っていましたが、その波は地方銀行にも来ています。
特に優良な貸出先に乏しい地方銀行にとって、マイナイス金利下で利ザヤを稼げる有力な対象が賃貸アパートなどへの融資でしたが、ここにきてブレーキがかかっています。

今後、融資審査は厳しくなることはあっても、緩まることはないとその担当者は言っていました。
その背景に、金融庁からの通達だけではなく、銀行自体が供給過剰による空室率の上昇を、懸念しているからだそうです。
都心には新たに立てる場所はなく、やむなく郊外になりますが、サラリーマンの不動産投資ブームに加え、相続税対策による建築ラッシュ。
一方で人口は減りつつ都心に集まるため、郊外の物件同士の競争が激化しています。

1棟物件を予定している人は速く取り組むことが望ましく、賃貸併用住宅では自宅部分の面積を50%以上確保し住宅ローンの枠内に入れなければ厳しいようです。

一方で、今週末のセミナーのテーマである都心の区分マンション投資に関しては、現時点では影響がありません。
その理由は、提携ローンであることと、銀行からの担保評価が満額回答を得られたものだけを紹介しているからです。
当日はそんな最新融資動向を踏まえつつ、自分の労働力に依存せず、30年後も安定的に収益が得られる投資戦略について私の経験をもとにご紹介する予定です。

〇4月29日(土)「都心マンション投資」徹底理解セミナー
http://rei-masters.net/seminar/date/170429/

まだ残席に余裕がありますので、ご興味がありましたらぜひお気軽にご参加ください。
ゴールデンウイークしょっぱなですが・・・苦笑


■有料メールマガジン

まぐまぐ大賞2016のビジネス部門で3位受賞!
「午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門」
http://www.mag2.com/events/mag2year/2016/category/business.html

現在進行形で取り組んでいるビジネス・投資・コスト削減策などの活動状況とその成
果を紹介しています。
今後発売する新刊の原稿も先んじて全文公開しており、私の著作すべてをこのメルマガで読むことができ、新刊をプレゼントする特典もついています。
http://www.mag2.com/m/0001370991.html


■書籍近刊

「いい人をやめれば人生はうまくいく」(日本実業出版社)
http://amzn.to/2gJoA7Y

『仕事が速いお金持ち 仕事が遅い貧乏人』(学研プラス)
https://goo.gl/xxoJtT

「資産5億円を築いた私の お金が増える健康習慣」(アスペクト)
http://goo.gl/2DFUUH

『いつも時間に追われている人のための「超」時間術』(総合法令出版)
http://goo.gl/xxz8VS

「新版 貧乏人が激怒する 新しいお金の常識」(光文社)
http://goo.gl/Bcru1k

「やる気が出るスイッチの入れ方」(WAVE出版)
http://goo.gl/DcPyHo

「グーグル検索だけでお金持ちになる方法
〜貧乏人が激怒する2020年のマネー戦略」(光文社)
http://goo.gl/RNnWdy

「知っている人だけ得をする ローン0円住宅のつくりかた」(双葉社)
http://goo.gl/ge733R
【関連する記事】
posted by 午堂登紀雄 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449354913

この記事へのトラックバック