2016年10月02日

10月9日(日)フィリピン不動産投資セミナーのご案内

2013年から2014年にかけて、夫婦でフィリピンのセブに滞在したことがあります。
現地ではいろいろな人との出会いがあり、セブの英語学校に通ったり、とても充実し、今でもフィリピンは大好きな国のひとつです。

そして先日、その英語学校で一緒だった毛利豪氏から連絡があり、急きょ、フィリピン不動産投資セミナー(無料)に登壇することになりました!
10月9日(日)、場所は新宿です!
https://www.kenbiya.com/seminar/t=A/18274b3y/
(こちらの告知ページには私の記載はありませんが、1時間ほどフィリピンの様子と永住権取得などについて講演する予定です)

詳細はセミナーでご紹介しますが、フィリピンはもっとも永住権(長期滞在ビザ)が取得しやすい国で、いろいろ種類はあるものの、35歳以上で2万ドル(200万円)の預金で取得できます。
毎年更新ですが、更新費用は360ドル(3万6千円)。

また、英語が通じ、家政婦代も月1万円もしないほど安く、日本人は非常にリスペクトされていて暮らしやすいのです。
仮に老後、年金が減ったとしても、快適に暮らせる場所を確保しておくのもひとつの「保険」であり、安心材料だと思います。
実際、そうやって暮らしている日本人は少なくありません。

私の講演では、そんなフィリピンの魅力と注意点、それとローンについてご紹介したいと思います。

そして今回の目玉案件は、アジアNo1ビーチに2年連続で選ばれたビーチリゾート、 ボラカイ島。
そこの高級リゾートホテル、シャングリ・ラが隣接するエリアで、リゾート施設併設の希少開発物件だそうです。
セブにいたときも聞きましたが、ボラカイ島はホワイトサンドのビーチが有名で、世界中から観光客がやってくる島です。
しかも開発するのはビスタランドという、30万戸の供給実績があり、フィリピン証券取引所に上場している大手デベロッパー。

私が注目しているのは、ホテル型運用(コンドホテル)が可能という点です。(通常の賃貸と選べる)
マニラなどコンドミニアムは供給過剰ですが、リゾートホテルは比較的稼働率が高く、回転率も良いので高利回りが期待できます。

実は私のマレーシア・ジョホールバルの物件は2件とも空室。
予想通り昨年末くらいから完成物件が増え、供給過剰なのです。
しかしリゾートのホテルコンドであれば、そうしたリスクをある程度低減できそうです。(フィリピンはエアビーも活発です)

価格は1千万円くらいですが、日本の金融機関でローンを組むこともできます。
当日、現地の銀行でローンを組む方法だけでなく、私が入手した海外物件にも融資してくれる金融機関名をこっそりシェアします。

さらに現在、フィリピンペソ円は、アベノミクス前の水準まで下落しており、日本人にとって安く買えるタイミングでもあります。
人口構成はまだまだ若いですが、ドゥテルテ大統領もがんばっていますし、長期的には経済成長とともに通貨も強くなる可能性を秘めています。

ご興味がありましたら、ぜひご参加ください。
参加費は無料です!
お申し込みはこちらから↓
https://www.kenbiya.com/seminar/t=A/18274b3y/


■セミナー・講演情報

10月8日(土)午堂登紀雄の資産運用戦略 in名古屋
http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2016/20161008/

10月23日(土)資金70万円からの「都心マンション投資」徹底理解セミナー
http://www.rei-masters.net/seminar/date/161023/



■有料メールマガジン

「午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門」
http://www.mag2.com/m/0001370991.html
現在進行形で取り組んでいるビジネス・投資・コスト削減策などの活動状況とその成果を紹介しています。
今後発売する新刊の原稿も先んじて全文公開しており、私の著作すべてをこのメルマガで読むことができます。また、新刊をプレゼントする特典もついています。


■書籍近刊

『仕事が速いお金持ち 仕事が遅い貧乏人』(学研プラス)
https://goo.gl/xxoJtT

「資産5億円を築いた私の お金が増える健康習慣」(アスペクト)
http://goo.gl/2DFUUH

『いつも時間に追われている人のための「超」時間術』(総合法令出版)
http://goo.gl/xxz8VS

「新版 貧乏人が激怒する 新しいお金の常識」(光文社)
http://goo.gl/Bcru1k

「やる気が出るスイッチの入れ方」(WAVE出版)
http://goo.gl/DcPyHo

「グーグル検索だけでお金持ちになる方法〜貧乏人が激怒する2020年のマネー戦略」(光文社)
http://goo.gl/RNnWdy

「知っている人だけ得をする ローン0円住宅のつくりかた」(双葉社)
http://goo.gl/ge733R

「世帯年収600万円でも諦めない! 夫婦で年収5000万円になる方法」(KADOKAWA/メディアファクトリー)
http://goo.gl/XeTy23
posted by 午堂登紀雄 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442439396

この記事へのトラックバック