2016年07月01日

フルローンも? ベトナム不動産投資セミナーのご案内

私も多くの人と同じく、英国の国民投票がEU離脱という結果は驚きでした。
そしてあの国民投票は間違いだったという声や再投票の要望などが上がっているようですが、もう後戻りはできず、あとはどう離脱後の枠組みを整えていくかでしょうか。

そして私のポジションはと言えば、豪ドル円は75円で入って76.5円で決済して少し取れましたが、トルコリラ円の含み損が巨額になっています・涙
一時32円台まで突っ込み、再び史上最安値更新中ですからね。。気分はかなりブルーです。。
それでも10分の1ルールを守っていたおかげで強制ロスカットは避けられ、貯まったスワップポイントもすでに400万円以上になりました。この方法の詳細はこちら↓
http://goo.gl/mnvtk

EU離脱問題は誰も経験したことのない世界なので、市場関係者はちょっとしたニュースに過敏に反応するなど、相場は今後も神経質な動きになることが予想されます。

ではどうすればこの状況(円高)をチャンスに変えられるかという視点で考えると、そのひとつに前回もご紹介した海外投資が挙げられます。
前回はカンボジアでしたが、今回は昨年規制が緩和されて外国人にも不動産取得が解禁されたベトナムです。

というわけで、7月30日(土)に開催されるベトナム不動産投資セミナーのご案内です。
私も講師として登壇します。
http://everevo.com/event/32040

解禁されたといっても細則は厳密に決まっておらず、まだ不透明な部分はたくさんあるようです。
また、他のアセアン諸国と異なる取引形態もあり、私も話を聞いてびっくりしました。
話題だからといって、業者や制度をよく確認しなければ、ハイリスクな投資になりかねません。
逆に、そんな黎明期だからこそ値段は安く、良い場所が買えるチャンスとも言えます。

さらに、日本の金融機関から金利1%台で融資を引っ張り、フルローンでベトナム不動産が購入可能だそうです。(審査によって変わります)
えっ!私も欲しい・・・笑

それはともかく、正しい知識と、市場環境に合わせた戦略を持って行動すれば、この円高・外国人解禁・日本の金融緩和いう状況を、自分の資産形成に有利に活かせるはず。

実は私自身、マレーシアでの投資ではちょっと失敗かなあと感じる部分もあり、当日はそんな反省も交えて、軌道修正した海外投資戦略を語る予定です。
また、「こんなはずじゃなかった」という投資家の声もよく聞きますので、そうした状況を避けるためのポイントも解説します。
これから新興国不動産投資を始める人にきっとお役に立てるのではと思っています。

とはいえ、キモは第二部、重盛氏の講演です。
私も一緒に勉強します!
皆さまもぜひお越しください!
先着50名様、参加費は無料です!
http://everevo.com/event/32040



■その他セミナー・講演情報

7月9日(土)「午堂登起雄 2016年後半の狙い」in名古屋
http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2016/20160709_2/

7月23日(土)「午堂登起雄 2016年後半の狙い」in東京
http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2016/20160709_2/

8月20日(土)資金70万円から始める「都心マンション投資」徹底理解セミナー
http://rei-masters.net/seminar/date/160820/

8月27日(土)午堂登紀雄の資産運用戦略 in横浜
http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2016/20160827/index.html



■有料メールマガジン

「午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門」
http://www.mag2.com/m/0001370991.html

現在進行形で取り組んでいるビジネス・投資・コスト削減策などの活動状況とその成果を紹介しています。
今後発売する新刊の原稿も先んじて全文公開しており、私の著作すべてをこのメルマガで読むことができます。
また、新刊をプレゼントする特典もついています。


■書籍近刊

「資産5億円を築いた私の お金が増える健康習慣」(アスペクト)
http://goo.gl/2DFUUH

『いつも時間に追われている人のための「超」時間術』(総合法令出版)
http://goo.gl/xxz8VS

「新版 貧乏人が激怒する 新しいお金の常識」(光文社)
http://goo.gl/Bcru1k

「やる気が出るスイッチの入れ方」(WAVE出版)
http://goo.gl/DcPyHo

「グーグル検索だけでお金持ちになる方法〜貧乏人が激怒する2020年のマネー戦略」(光文社)
http://goo.gl/RNnWdy

「知っている人だけ得をする ローン0円住宅のつくりかた」(双葉社)
http://goo.gl/ge733R

「世帯年収600万円でも諦めない! 夫婦で年収5000万円になる方法」(KADOKAWA/メディアファクトリー)
http://goo.gl/XeTy23
posted by 午堂登紀雄 at 10:12| Comment(2) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ものすごく興味があります。
ただ、4,5年前に自己破産をした経緯があるのですが、そういった人でもベトナムへ不動産投資はできますか。
可能であれば、参加させてい頂きたいと思います。
よろしくお願い致します。
Posted by 沖宮 at 2016年07月01日 10:55
日本の金融機関で借りることは難しいですが、キャッシュでの取得や海外の銀行からの借入なら可能です。ベトナムの金融機関はわかりません。
Posted by 午堂 at 2016年07月01日 11:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439586817

この記事へのトラックバック