2014年10月08日

利回り18%のフィリピン不動産投資の詳細

10月25日のセミナーでご案内する、フィリピン・セブの投資物件の詳細が入ってきました。
(フィリピンペソ円=2.3円)

価格は、最も安いものが996万円(127.5平米)
最も高いものが1,701万円(133.8平米)

想定利回りは、最も低いものが18.0%
最も高いものが19.5%・・・ってほとんど20%!
いずれも表面利回りなので、管理費等を引くと2%ほど下がります。

この物件のメリットは、売主ローンが使えることです。
売主がお金を貸してくれるので、ローン審査が厳しくないこと。

物件価格の70%まで、返済7年、金利8%とちょっと高めですが、仮に1,000万の物件で利回り15%として計算してみると、

家賃125,000円/月
ローン返済額は110,000円/月
差し引き15,000円(年間18万)が7年続き、8年目からはまるまる入ってくる。

自己資金300万なので、ローン期間中の手取り126万、返済後の手取り年150万と想定すると、9年目で全額回収。
あとは12万円が毎月入ってくる(フィリピンペソですが)。
将来ペソ高になれば為替差益でもっと増える(かもしれない)。

高級リゾートヴィラなのになぜこんなに安い(利回りが高い)かというと、借地権だからです。
タイやカンボジアなど新興国に多い、いわゆるリースホールドという形態。
しかし借地期間は25年で1回の更新が決まっているので、計50年ありますから、十分です。

あとは建物の耐久性ですが、幸いなことにセブは台風の通り道から外れているので、ほとんど被害はありません。
(私もフィリピン滞在中に台風がありましたが、ちょっと風が強い程度)
地震はもっと南のボホール島近辺ですから、地震被害も少ない。
しかも日本の住宅建築会社が管理しますから、大きな問題はないでしょう。

ぜひご参加いただければと思います。

○10月25日(土)フィリピン不動産投資セミナー
http://www.rei-masters.net/seminar/date/141025/
参加費用無料


■その他のイベント情報

○10月18日「さきよみ投資術」in名古屋(無料)
http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2014/20140925/
私の資産形成のプロセスと、なぜそう判断したか、という理由などをお伝えする予定です。
不動産、FX、商品先物、海外不動産、保険商品などについて時系列でご紹介します。

○11月1日「都心マンション投資 徹底理解セミナー」
http://www.rei-masters.net/seminar/date/141101/
魅力高まる東京圏。ローンが組みやすい今がチャンスです。


■最新刊のご案内

『1つずつ自分を変えていく 捨てるべき40の「悪い」習慣』(日本実業出版社)
http://goo.gl/4fVi5l

■有料メールマガジン

午堂登紀雄の「40代からの最強自由人のつくりかた」
https://otomana.nifty.com/authors/godo/

私が買っている投信や銘柄、今取り組んでいることなどを公開しています。

■書籍新刊

「お金がいままでの10倍速く貯まる法」(三笠書房 知的生きかた文庫)
http://goo.gl/jjTdxw

「やりたくないことはやらずに働き続ける武器の作り方」〜だれでも人生を複線化できるお金と時間の仕組み〜
http://goo.gl/amsCH6

「30代で年収3000万の人は、いつも何を話しているのか?」〜お金も地位も引き寄せる「肉食系」のコミュニケーション術〜(学研パブリッシング)
http://goo.gl/tQ71P6

「なぜビニール傘を3本以上持っている人は貧しいのか?」
http://goo.gl/NG2BJS

「貧乏人が激怒する ブラック日本の真実 」「情弱一人負けの時代」を生き抜くヒント
http://goo.gl/iibQXi

「イザというときのための あなたの資産を守る海外投資法」
http://goo.gl/jrDycm

「僕が30代で5億円の資産をつくれたのは、誰でもできるシンプルなことを大切にしただけ。」
http://goo.gl/2XlVJy

■電子書籍新刊[Kindle版]

「貧乏人が激怒する新しいお金の常識」(光文社)
http://goo.gl/Vwj4pL

「年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人」(学研)
http://goo.gl/fxzRDe
posted by 午堂登紀雄 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406762036

この記事へのトラックバック