2014年06月03日

「空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術」

非常に内容が濃く、これが1600円で手に入るとは素晴らしい。
(新版)空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術 -
(新版)空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術 -

経験者だけがわかる、強力なノウハウの数々に、不動産投資の世界も進化しているな、と痛感です。

著者は現役会社員&不動産投資家ですが、郊外地方都市の築古高利回りアパートをターゲットにしています。
その裏返しに空室リスクが高いのですが、極めて合理的な考え方に、私も「なるほど!」と考えさせられました。

手間がかかるゆえに「ほったらかし」ではなく、賃貸業としての苦労をされていて、それが著者のノウハウになっています。
しかし読めば読むほど、「確かにこの方法はアリだ」と納得します。
私も地方・郊外の木造アパート投資がしたくなりました。。

これまでに読んできた不動産投資の本は、退屈な内容のものが多かったのですが、これは違います。
不動産投資家及び予備軍にはおすすめの一冊です!
posted by 午堂登紀雄 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398628687

この記事へのトラックバック