2014年03月19日

「30代で年収3000万の人は、いつも何を話しているのか?」

私がずっと興味を持っていたことがあります。

個人で年収3000万円以上稼いでいる人たちは、普段はいったいどんな話をしているのだろうかということに。

もちろんそれは、先祖代々の富裕層ではありません。

なぜなら、本人の努力や才覚とは無関係に、ただ親がお金持ちだった人とか、あるいは成功して何十年も経ったような人は、何かと余裕があるからです。
余裕があるから、考えるスケールも大きいのは納得。

しかし私たちは、もっと始めの始め、最初の一歩をどう踏み出すか、あるいは壁にぶつかった時にどう乗り越えるか、どうやって仲間を増やしていくかで迷うものです。

だからこそ、ゼロから一代で成功した人の言動、彼らが成功していく過程でやっていたことを真似ることが、凡人の私たちには応用価値が高いのではないか、と考えています。


私たちは、同じように生まれ、同じように学校に通い、同じように社会に出てきました。

にもかかわらず、「あの人は信用できる」「憧れる」「一緒に仕事をしたい」「また会いたい」「あの人についていきたい」と言われる人がいる一方で、「あの人は信用できない」「イヤなヤツ」「二度と会いたくない」「もう一緒にはやれない」という評価となる人がいるのはなぜでしょうか。

この違いをもたらす違いとは、いったい何なのか。

それがコミュニケーション能力ではないか、と考えています。


会社で昇進する人は、周囲に「あいつを昇格させよう」と推してくれる人がいるから。

新しいプロジェクトに任命されるのも、「あいつをメンバーに入れよう」という人がいるから。

真のリーダーとは、「自分がリーダーだ」と主張しなくても、「君がリーダーだ」と任命されなくても、「○○長」という肩書がなくても、自然に皆がついていく人のこと。

では、こうした評価は、どのように形成されていくのか。

その答えのひとつが、その人がどういう言葉を発するか、だと思っています。

絶海の孤島に一人で住んでいるならばいざしらず、私たちは他人と関わって生きています。

他人との関わりの中で、自分の人生が形成されます。

それこそがコミュニケーションであり、会話です。

実際、どんなに環境が変化しても、基本は人間同士のやりとりです。

営業、商談、交渉、プレゼン、面接など、あらゆる場面でコミュニケー
ションが必要となりますから。

極端な話、大学までは会話がおぼつかなくても、多少の差はあれど、親兄弟さえいれば生きていけるでしょう。

しかし社会に出れば死活問題です。
コミュニケーション力の差は人生の格差をも生むと考えられます。

どんなに問題解決力が高くても、専門的な知識を持っていても、周囲から疎まれたら、何も成しえません。

「〇〇スキル」「目標達成の技術」「最新キーワード」なんて、何も役に立たない気がしてきます。
 
そこで、私の周りで、30代で年収3,000万円以上稼ぐ人が、どんな会話をしているのかを取材し、文献をあたってまとめたのが本書、

「30代で年収3000万の人は、いつも何を話しているのか?」
〜お金も地位も引き寄せる「肉食系」のコミュニケーション術〜
(学研パブリッシング)
http://goo.gl/tQ71P6

です。

本書では、戦略としてのコミュニケーション術を紹介しました。

いや〜、人見知りで引っ込み思案な私としては、自分で書いていてなんですが、とても耳の痛いことばかりでした。。苦笑
私自身の教科書としても、心に留めておきたい内容です。

ご興味がありましたらぜひ。


「30代で年収3000万の人は、いつも何を話しているのか?」
〜お金も地位も引き寄せる「肉食系」のコミュニケーション術〜
(学研パブリッシング)
http://goo.gl/tQ71P6


■セミナー

○4月27日 「都心マンション投資」徹底理解セミナー
http://www.rei-masters.net/seminar/date/140427/


■書籍新刊

「なぜビニール傘を3本以上持っている人は貧しいのか?」
http://goo.gl/NG2BJS

「貧乏人が激怒する ブラック日本の真実 」
「情弱一人負けの時代」を生き抜くヒント
http://goo.gl/iibQXi


「イザというときのための あなたの資産を守る海外投資法」
http://goo.gl/jrDycm


「僕が30代で5億円の資産をつくれたのは、
誰でもできるシンプルなことを大切にしただけ。」
http://goo.gl/2XlVJy


■電子書籍新刊[Kindle版]

「貧乏人が激怒する新しいお金の常識」(光文社)
http://goo.gl/Vwj4pL

「年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人」(学研)
http://goo.gl/fxzRDe



■オーディオブック版新刊

「33歳で資産3億円をつくった私の方法」(三笠書房)
http://www.febe.jp/product/154818


■新メールマガジン

午堂登紀雄の「40代からの最強自由人のつくりかた」
https://otomana.nifty.com/authors/godo/
【関連する記事】
posted by 午堂登紀雄 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391986300

この記事へのトラックバック