2011年02月04日

「ウチの会社」か「この会社」か

経営者の友人と会食したときに聞いた話です。
彼は自分の会社のことを「この会社」と言う人には、重要な仕事を任せないのだそうです。
反対に、「ウチの会社」と言う人には、重要な仕事を任せるそうです。
なぜかと聞いたところ、

『自分が勤めている会社を「この会社」というヤツは、だいたい斜に構えて心が離れている。こういうヤツは困難に直面すると、会社や上司のせいにする。嫌なことがあったら会社を辞める。
しかし、「ウチの会社」というヤツは、自分の会社に愛着があり、当事者意識がある。こういうヤツは決して逃げないし、権限と責任を与えれば、たとえ失敗しても必ず伸びる。
そして、上に立つ者として、どちらに可愛げを感じ、どちらに会社の将来を託したいと感じるか、言うまでもないだろう。
能力よりも、当事者として自分の会社を大事に思っているかどうかが、抜擢するかどうかの判断基準だ。』

もちろん、すべての会社がそうではないかもしれませんが、抜擢のひとつの真理を突いていると言えるのではないでしょうか。
posted by 午堂登紀雄 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 午堂登紀雄の独断と偏見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック