2019年07月17日

最新刊『「できないことはやらない」で上手くいく 嫉妬、コンプレックスを「捨てる」技術』発売のお知らせ

最新刊のお知らせです。
「できないことはやらない」で上手くいく
「できないことはやらない」で上手くいく

いつものように、「はじめに」をご紹介します。


本書のタイトル『「できないことはやらない」でうまくいく』というのは、「最初からあきらめる」「未知のことに挑戦しない」という意味ではありません。
(ときどき、やらずして「私にはムリ」という人に遭遇しますが、やったことがないのにできるかできないかがわかるなんて、「おまえはエスパーか!」と突っ込みたくなります・苦笑)

本当のメッセージは、「がんばっても報われない、他人がうらやましい、自分なんてダメだ・・・とヘコむとしたら、それは自分を活かせない土俵であがいている可能性がある。そんな場所はあえて捨てて、自分が才能を発揮できる世界に飛び込もう」ということです。

人間は社会的な動物とされ、古来より集団をつくって生きてきました。
そして私たちは幼少期から他人と比較され、優劣をつけられ、競争を強いられてきました。
だからというのは私の仮説に過ぎませんが、人は「嫉妬」という感情を持っています。
なぜなら、嫉妬心は人類にとって必要だからです。
その嫉妬をたとえばやる気、負けん気といったプラスのエネルギーに変えることで私たちは成長し、社会も発展してきたわけです。

あるいは異性に対する嫉妬など、自分への愛情が失われるリスクを察知し、自分の大切な人を奪われないためにも発動されます。
飼い犬は他のペットがやってくると嫉妬しますし、サルなども他のオスザルを排除しようとします。
とはいえ、ほとんどの動物に嫉妬という感情がないのは、自分の種が生き残ることだけが目的だからです。
幸せになることではなく生きるだけなら、他の個体と比較してどうこう感じる必要はないですからね。

しかし喜怒哀楽とは異なり、とくに嫉妬は他人に打ち明けられない感情、共感されにくい感情、認めたくない感情ではないでしょうか。
なぜなら、この感情は自分が他人よりも劣っていることを認めることでもあるからです。

そのため、ときに劣等感、コンプレックス、挫折感などマイナスの感情として自分を苦しめることがあります。
あるいは自分が劣っていることを認めたくなくて、陰口を叩いたり相手を引きずりおろそうと非生産的な行為に走ったりする人も少なくありません。
恋愛や結婚でも、嫉妬に支配されて重苦しい束縛行為となり、かえって関係を破綻させてしまうとしたら、本来は防御反応のはずが逆効果です。

そうやって自分をさげすんだり、過剰に人の目を気にしたり、相手にマウントしたり、人を束縛したり、他人を呪ったりする人生が、本当に望ましい生き方かと言われると、ほとんどの人がそうではないと思います。


そもそも私たちは、他人のために生きているわけではありません。
それは家族や大切な仲間、社会に貢献することを否定するのではなく、まずは自分の幸せを優先しようということです。
自分が幸せであれば、他人にも優しくなれるものですから。

そして、まったく同じ人が誰一人としていないように、みなが自分らしく生きようとすれば、その生き方は世界に70億通りあっていいはず。
ひとり一人が違うなら、持っている才能も違うし、それが発揮できる場所や環境も違うはずです。

たとば学校や会社で発揮できる才能もあれば、海や山で発揮できる才能もあるでしょう。
なのに世の中は、学歴・収入・貯蓄・地位などといったステレオタイプな幸福の軸を私たちに押し付けますから、本来なら抱く必要がない余計な嫉妬心を抱き、イライラさせられてしまう。

そこで本書では、視点をちょっとだけズラすことで、この感情をうまく制御し活用する方法をご紹介します。
(この「ちょっとだけ」をわかりやすくするために「1ミリ」と表現しています)


「ズラす」には二つの意味があり、ひとつは嫉妬心をプラスのエネルギーに変換することです。

嫉妬を感じるということは、自分が大切にしたいこと、負けたくないことに気が付くきっかけです。
なぜなら、どうでもいいこと・どうでもいい人に対して嫉妬などしないからです。

また、自分の努力レベルを確認できる機会でもあります。
たとえばライバルが1日100回素振りをしているのを知れば、自分は200回やろう、みたいな。

それに、勝つことは自尊心につながるため経験として大切ですし、負けることで学べることも多いでしょう。
勝つため・負けないためには、相手の研究、自分の分析、外部環境の把握、そして戦略を考え鍛錬する必要がありますが、嫉妬しなければそういう機会すら失ってしまいます。

「なんでアイツが」という感情を、「足を引っ張ってやる」というネガティブな発想ではなく、「自分だってやってやる」という方向に持っていければ、一生つきあっていく感情であるがゆえに、人生に大きな差が出るであろうというのはおわかりいただけると思います。

なので「嫉妬で苦しい」ではなく、嫉妬を前向きなモチベーションに変えるため、その受け止め方・捉え方をズラすのです。


もうひとつは、自分が本当に幸福感を感じる土俵を見つけ、そこに移動することです。
前述のとおり、「苦しい」「モヤモヤする」ということは、自分らしく生きられる土俵に立っていない、自分の才能を活かせられる環境や領域を選んでいない可能性があるからです。

それに、世の中には優勝劣敗だけではなく、ダーツゲームやボーリングなど、勝負そのものを楽しむ世界もあるでしょう。
そこで、他人が決めた幸福の軸を、自分の幸福の軸にズラすのです。


こんな話を聞いたことがあります。

桜がこう言った。「竹のほうが成長が速い。だからうらやましい。」
竹はこう言った。「桜の方がきれいな花を咲かせられる。だからうらやましい。」

しかし、成長が早いことだけが価値があるとは誰が言ったのか。
花がきれいであることだけが価値があるとは誰が言ったのか。

確かに桜は花見で人々の心を豊かにします。
竹も確かに成長が早く、竹細工として様々な用途に使われます。
しかし竹は竹で、タケノコとして食されたり竹の蒸し焼きに使われるなど、やはり人々の心を豊かにするでしょう。
そういえば桜もチップとして燻製に使われますよね。

つまりどちらもそれぞれ価値が唯一無二の存在なのに、桜と竹のどちらが勝っているか、劣っているかを比べても意味がないことがわかります。
竹は竹の強みや長所を発揮し、桜は桜でやはり自身の強みや長所を伸ばそうとすればいい。
そしてこれは人間も同じです。


また、最終章では他人からの嫉妬を防ぐ方法を紹介しました。

というのも、嫉妬という感情を理解していなければ、どういう発言やシチュエーションで人が嫉妬の感情を抱くのかわかりません。
だから余計な一言で周囲の嫉妬を買ってしまい、ときには引きずりおろされることがあるからです。

芸能界でも異性関係が暴露されるのは、同業者や関係者の嫉妬がからんでいるケースが多いと言います。
ライブドア事件や村上ファンド事件のように、目立って年長者から嫉妬されれば社会的に抹殺されます。
会社員でも、根も葉もないウワサを流されて、左遷させられたり職を追われたという話は珍しくありません。

そこでどういう場面で人は嫉妬をするか、どんな人が嫉妬しやすいか、どんな人が嫉妬されやすいかを知れば、そういった輩から自分を守ることもできるでしょう。


いずれにせよ、この嫉妬という感情を理解すれば、それを制御する方法も、前向きに変える方法もわかります。
自分という花はどこで開かせるべきか気づくことができますし、他人からの負の影響を排除することもできます。
そんなふうに、自分らしく生きられるきっかけになれば、著者としてうれしく思います。 


・・・という本です。
ご興味ありましたらぜひ手に取っていただければと思います。

『「できないことはやらない」で上手くいく
嫉妬、コンプレックスを「捨てる」技術』(WAVE出版)
https://amzn.to/2Y0ZB6D



■セミナー・イベントの情報

〇2019年7月20日(土)「個人投資家の法人化、節税方法」in大阪
https://www.sunward-t.co.jp/seminar/2019/07/20_2/
大阪でのセミナーで、私は第二部に登壇します。

〇2019年8月24日(土)「億の投資家 午堂登紀雄の資産運用術」in札幌
https://www.sunward-t.co.jp/seminar/2019/08/24_2/
数年ぶりに札幌での講演に登壇します。
これまでの資産運用とその結果を振り返るとともに、今後取り組む予定の対象をご紹介する予定です。



■有料メールマガジン

昨年に引き続き、まぐまぐ大賞2018のMONEYVOICE部門で3位をいただきました!
「午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門」
http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/category/money.html
現在進行形で取り組んでいるビジネス・投資・コスト削減策などの活動状況とその成果を紹介しています。
今後発売する新刊の原稿も先んじて全文公開しており、私の著作すべてをこのメルマガで読むことができます。
また、新刊をプレゼントする特典もついています。
http://www.mag2.com/m/0001370991.html



■書籍近刊

『「できないことはやらない」で上手くいく嫉妬、コンプレックスを「捨てる」技術』(WAVE出版)
https://amzn.to/2Y0ZB6D

『1億稼ぐ子どもの育て方』(主婦の友社)
https://amzn.to/2I9SuC0

『「稼ぐ子」に育てるために今すぐやめる24のタブー』(マガジンハウス)
https://amzn.to/2S9GmkJ

『マンガ版「年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人』(学研プラス)
https://amzn.to/2IL0vdu

『私が「ダメ上司」だった33の理由』(日本実業出版社)
https://amzn.to/2kJSrhR

「引きこもり主夫投資家≠ェ教える グーグル検索だけでお金持ちになる方法【アップデート版】」 (光文社 知恵の森文庫)
https://amzn.to/2ujxZcB

「孤独をたのしむ力」(日本実業出版社)
http://amzn.to/2yTxiu4

「年収1億の勉強法 年収300万の勉強法」(学研プラス)
http://amzn.to/2sg3ZdQ

「33歳で資産3億つくった僕が43歳であえて貯金ゼロにした理由」(日本経済新聞出版社)
http://amzn.to/2oLyCtH

「いい人をやめれば人生はうまくいく」(日本実業出版社)
http://amzn.to/2gJoA7Y

『仕事が速いお金持ち 仕事が遅い貧乏人』(学研プラス)
https://goo.gl/xxoJtT
posted by 午堂登紀雄 at 09:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

7月6日(土)ボイストレーニングセミナー特別講座のご案内

手前味噌ですが、妻である秋竹朋子のイベントのご案内です。(秋竹は旧姓)

もともと私の会社で一つの事業部として始めたビジネスですが、もう12年目に突入しますので、他社とはノウハウの蓄積が違います。
そのおかげか今や大盛況で、テレビに出演したり毎週のように企業研修が入るほど成長しました。

個人受講生の場合、月2回で3か月程度の通学を基本としていますが、仕事で多忙とか遠方に住んでいるなどの理由で、頻繁に通えない、という声にお応えして、1日完結の特別講座を開くことになりました。

いわゆる普通のセミナーのような座学とは異なり、実際に体感していただき、圧倒的なエネルギーをもらえる講座です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
知っていましたか?声を変えれば人生が変わる!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京で今回のみ、秋竹朋子直接指導 完全マスター特別レッスン開催します!!

たった4時間で完全マスター!営業成績が上がる!プレゼンがうまくいく!モテる!

ビジネスマンのための成果が出るボイトレセミナーすべて網羅の完全版

「内容は競合他社に負けていないのに、プレゼンがうまく通らない 」
「電話での応対でよく聞き返されたり、滑舌が悪いと言われる」
「気配りや身だしなみに気をつけているのに、異性からモテない」

それはもしかすると、あなたの「声と話し方」が原因かもしれません。
「声と話し方」が人に与える影響は、あなたが思っているより大きなものです。

メラビアンの法則で明らかになっているように、話の内容そのもの(言語情報)よりも、声のトーンや大きさなど「声と話し方」の方が、相手に伝わる影響力が6倍近くにもなるのです。


あなたのまわりにもこんな人がいないでしょうか?

・大した提案をしているわけではないのに、次々と受注を取ってくる 営業マン
・プレゼンやスピーチの場で、聴衆の感情を自由自在に操り支持されるスピーカー
・よく見ると顔の造作が整っているわけではないのに、いつも異性に モテている人


この人たちは例外なく、人を惹きつけ、説得する力に長けた「声と話し方」をしています。

「でも声って生まれつきじゃないの?」 と諦めることはありません。
「声と話し方」は正しい理論と実践を 理解し行えば、誰にでも手に入れることができるのです。

だからこの秘密を知っている上位のビジネスパーソンたちは、声優でもプロのアナウンサーでもないのに、ボイストレーニングに通うのです。

今回は、TV出演・著書多数、3万人の声を変えたカリスマボイストレーナーの直接指導による、たった4時間で成果が出る「 声と話し方」を、あなたに完全にマスターしていただく講座です。

この講座に参加すれば、プレゼンやスピーチがうまくいくようになり、しかも相手に好印象を与え成果が出る「声と話し方」を手に入れることができるでしょう。

たった4時間ですべてを網羅し、完結するこの講座の一般公開型講座の初開催です。
どうぞこの機会をお見逃しなく!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「声の基本」〜発声マスター編〜
●「声」の出る仕組みと個々の声の特徴と課題判断
●基本の呼吸法「腹式呼吸」を手に入れる
●よく通り響く声を体感で手に入れる
●好印象の声を作る、声帯トレーニング
●場面に応じた、声の高低方法
●流暢に話す・聞き返されない滑舌の秘策 
●明瞭な発音になるための表情筋・舌の動きのトレーニング実践
●多くの人が苦手な「サ行」「ラ行」のトレーニング
●挨拶、依頼、電話対応、謝罪など、すぐに役立つ発声トレーニング
●効果的な声のボリュームのコントロール法
●絶対にかまないスクリプト 徹底指導
●多くの人が苦手な「マ行」「ハ行」のトレーニング  
●プレゼン、営業力UPに役立つ効果的な表現法
●聞き手を魅きつける効果的な「間」の強調方法
●抑揚のつけかた良い語尾 悪い語尾
●イントネーション、強弱 視線の向け方  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

概要
日時:2019年7月6日(土) 14:00〜18:00

会場:セミナールームイベントスペースWM
東京都中央区八丁堀4-9-13ニチレックビル8F

費用: 49,800円(税込み)

▼▼▼お申込みはこちらから▼▼▼
https://seminarwm.com/events/event/20190706/
※申し込みボタンを押してフォームにご記入・送信ください。のちほど決済用のメールをお送りいたします。

5つのポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

声楽的なアプローチから、すぐに効果出る指導!
絶対音感であなたの声と話し方の課題を診断!
何度でも復習できる、講座収録動画プレゼント!
理論だけではなく、体感型講座で身につく!
声がその場で変わる!

期待できる効果
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・話に説得力が増し、営業成績が上がります
・プレゼンがうまくいくようになり、受注率が上がります
・相手に好印象を与え、モテるようになります
・人前で堂々と話せるようになります
・吃り、滑舌などが改善され、「声と話し方」のコンプレックスから解放されます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんな方におすすめ!

・声が小さいと言われる、声が通らない
・滑舌が悪く、よく聞き返される
・ビジネスシーンで話す事が多い
・人前で話すテクニックを知らない
・営業成績をあげたい
・プレゼンの効果を飛躍させたい
・相手に好印象を与えたい
・過去、秋竹朋子の声トレを受けたけれど完全にもっとマスターしたい

▼▼▼お申込みはこちらから▼▼▼
https://seminarwm.com/events/event/20190706/
※申し込みボタンを押してフォームにご記入・送信ください。のちほど決済用のメールをお送りいたします。


講師プロフィール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

秋竹朋子

ビジネスパーソン専門ボイストレーナー
日本初「ビジネスマンのためのボイストレーニングスクール」(株)エデュビジョン【ビジヴォ】代表

東京音大ピアノ演奏家コース卒。
聖徳大学大学院 音楽研究家卒業。
ウィーン国際音楽コンクール及び国内の受賞歴多数。

ビジヴォの代表として「声」「話し方」に問題を抱える、ビジネスパーソンの指導を実施。
音楽家ならではの聴力と技術を駆使した、日本初 「超絶対音感」によるボイストレーニングが話題を呼び、ビジネス各紙からの取材、TV番組にも多数出演。
東京スクールを拠点に北海道〜沖縄まで、全国各地への企業研修を行い、これまで3万人以上250社の企業研修を実施。

個人のクライアントも上場企業の経営者、芸能人、著名人を多数持つ。
2011年〜2012年 経済産業省のグローバル人材派遣として「ビジネスボイス」が選ば れ、フィリピンに赴任。
日本にとどまらずアジアにて「声」の指導をして活躍中。

■著書「話し方」に自信がもてる『1分間声トレ』(ダイヤモンド 社)
「ビジネスの発声法」(日本実業出版)
「秋竹朋子の声トレ!!」「秋竹朋子の即効!モテ歌レッスン」


主催・お問い合わせ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社ダブルエム
東京都中央区八丁堀4-9-13ニチレックビル8F
info@double-m-inc.com 03-6231




■有料メールマガジン

昨年に引き続き、まぐまぐ大賞2018のMONEYVOICE部門で3位を
いただきました!

「午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門」
http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/category/money.html

現在進行形で取り組んでいるビジネス・投資・コスト削減策など
の活動状況とその成果を紹介しています。

今後発売する新刊の原稿も先んじて全文公開しており、私の著作
すべてをこのメルマガで読むことができます。
また、新刊をプレゼントする特典もついています。
http://www.mag2.com/m/0001370991.html



■書籍近刊

『1億稼ぐ子どもの育て方』(主婦の友社)
https://amzn.to/2I9SuC0

『「稼ぐ子」に育てるために今すぐやめる24のタブー』(マガジンハウス)
https://amzn.to/2S9GmkJ

『マンガ版「年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人』(学研プラス)
https://amzn.to/2IL0vdu

『私が「ダメ上司」だった33の理由』(日本実業出版社)
https://amzn.to/2kJSrhR

「引きこもり主夫投資家≠ェ教える グーグル検索だけで
お金持ちになる方法【アップデート版】」 (光文社 知恵の森文庫)
https://amzn.to/2ujxZcB

「孤独をたのしむ力」(日本実業出版社)
http://amzn.to/2yTxiu4

「年収1億の勉強法 年収300万の勉強法」(学研プラス)
http://amzn.to/2sg3ZdQ

「33歳で資産3億つくった僕が43歳であえて貯金ゼロにした理由」
(日本経済新聞出版社)
http://amzn.to/2oLyCtH

「いい人をやめれば人生はうまくいく」(日本実業出版社)
http://amzn.to/2gJoA7Y

『仕事が速いお金持ち 仕事が遅い貧乏人』(学研プラス)
https://goo.gl/xxoJtT
posted by 午堂登紀雄 at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする