2018年11月23日

最新刊『「稼ぐ子」に育てるために今すぐやめる24のタブー』発売のお知らせ

最新刊
「稼ぐ子」に育てるために今すぐやめる24のタブー
「稼ぐ子」に育てるために今すぐやめる24のタブー
が発売になりました。

本書は「稼ぐ子に育てる」ことをテーマにしていますが、その理由は「子が自分の幸せを自分でつかみ取る原動力になるから」です。

かつてのような景気がゆっくりと循環する時代とは違い、産業構造や社会構造は急速に激変しており、世の中はますます「自己責任」の方向へ向かっています。

たとえばIdecoという愛称でおなじみの確定拠出年金も、「政府はもう老後の面倒は見られないので、自分の年金は自分で積み立ててください」というメッセージです。
医療や介護なども国家財政は火の車で、将来はあてにできない可能性が高いのは言うまでもないでしょう。

一方、仮想通貨やAIの普及を持ち出すまでもなく、金融商品も金融サービスもますます多様化し、複雑化しています。
いまの子どもが大きくなるころにはアベノミクスは終わっているし、トランプ大統領は存在しない。
人口が1億人を割り込むであろう日本に、どんな状況が待ち受けているのか誰もわからない。
 
しかし、一つだけはっきりしていることがあります。
それは、これから来るのはもっと強烈な資本主義社会であるということです。

先ほど自己責任と述べましたが、資本主義とは基本的に自己責任です。
今後は、稼ぐ力を持つ者と、そうでない者の差がさらに広いていく。
稼ぐ力の有無が、かつてないほど個人の経済格差を拡大させる時代になっていくと私は予想しています。

そんなとき、稼ぐ力があれば、何度でも立ち直ることができるし、複数の選択肢から選ぶことができるでしょう。

そして、どんな親でも、自分の子どもにはお金で苦労しない人生、幸福な人生を送って欲しいと願うものです。
しかし、誰でも富を築けるとは限らない。

難関有名大学を出ていてすら、食うに困るケースの少なくない世の中です。
その現実を見ても、子を将来豊かにさせるには、高等教育を受けさえすればいいわけでもないことがわかります。

むろん、幸福とはお金だけではありませんが、お金が重要な要素であることは異論はないと思います。

私はこれまで数多くの成功者と交流してきましたが、彼らにはいくつかの共通する特質があります。
たとえばわかりやすい例を挙げると、

・自分の道を自分の力で切り拓く姿勢。
・新しいことや困難なことに果敢に挑戦する意志。
・失敗してもすぐに立ち直れる心の強さ。

などです。
いずれも成功に不可欠とされますが、こういったものは学校でも会社でも教えてもらえません。
では彼らはこの資質をどこで獲得するのでしょうか。

私はその最大の鍵が幼少期の家庭環境にあると考え、10年間にわたり富裕層の思考と行動、貧困層の思考と行動を観察・調査してきました。
そして、私自身も子どもが生まれてからというもの、私の周りの成功者たち自身が、幼少期に家庭でどう育てられたのかも取材してきました。
さらに、膨大な量のビジネス書や文献をあたり、著名な経営者、成功者の生い立ちや、彼らが自身の子に対してどういう教育をしているのかを調べました。

そして「成功者の親の多くがやっていること」と、「貧しい親の多くがやっていること」の違いが見えてきました。

特に「貧しい親の特徴」は明らかで、貧乏な親の行動を見て育った子の多くは、再び「稼げない体質」を持った大人になりやすいということ。
もちろん、貧乏な親を反面教師にして成功する子もいますが、貧乏な親の子もまた貧乏というケースが圧倒的に多いのです。
 
そこで本書では、「子どもを稼げない体質にしてしまう親」がとりがちな行動を24の「タブー」としてまとめました。
子育てに正解はないとは言われるものの、親自身が意識を変えることで、子が「将来稼げるようになる」ベースとなる思考習慣と行動習慣をはぐくむことは可能です。

本書がお子さんへの接し方を改めて考えてみるきっかけになれば、著者としてうれしく思います。

「稼ぐ子」に育てるために今すぐやめる24のタブー
「稼ぐ子」に育てるために今すぐやめる24のタブー


■有料メールマガジン

昨年に引き続き、まぐまぐ大賞2017のMONEYVOICE部門で3位をいただきました!
「午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門」
http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/category/money.html

現在進行形で取り組んでいるビジネス・投資・コスト削減策などの活動状況とその成果を紹介しています。
今後発売する新刊の原稿も先んじて全文公開しており、私の著作すべてをこのメルマガで読むことができます。
また、新刊をプレゼントする特典もついています。
http://www.mag2.com/m/0001370991.html



■書籍近刊

『「稼ぐ子」に育てるために今すぐやめる24のタブー』(マガジンハウス)
https://amzn.to/2S9GmkJ

『マンガ版「年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人』(学研プラス)
https://amzn.to/2IL0vdu

『私が「ダメ上司」だった33の理由』(日本実業出版社)
https://amzn.to/2kJSrhR

「引きこもり主夫投資家≠ェ教える グーグル検索だけでお金持ちになる方法【アップデート版】」 (光文社 知恵の森文庫)
https://amzn.to/2ujxZcB

「孤独をたのしむ力」(日本実業出版社)
http://amzn.to/2yTxiu4

「年収1億の勉強法 年収300万の勉強法」(学研プラス)
http://amzn.to/2sg3ZdQ

「33歳で資産3億つくった僕が43歳であえて貯金ゼロにした理由」(日本経済新聞出版社)
http://amzn.to/2oLyCtH

「いい人をやめれば人生はうまくいく」(日本実業出版社)
http://amzn.to/2gJoA7Y

『仕事が速いお金持ち 仕事が遅い貧乏人』(学研プラス)
https://goo.gl/xxoJtT

posted by 午堂登紀雄 at 09:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

最新刊『マンガ版「年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人』発売のお知らせ

最新刊、
マンガ版 年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人
マンガ版 年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人
が発売されました。

本書の元は2013年に発売された「年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人」ですが、マンガ版では完全オリジナルストーリーのコミックになっています。

何はともあれ他のビジネスコミック本と比べて作画のクオリティが高い!
もちろんストーリーも面白く、脚本を書いた星野卓也氏はさすがプロと思わせる展開となっています。

本書は主人公の待野が定年退職を迎える日から始まるのですが、万年平社員の年収300万で、定年と同時に妻から離婚を突き付けられ、引きこもりの息子からはお金を無心されるなど、失意の人生を呪います。

そして待野がその妻と結婚するときに交わした四つ葉のクローバーを手に取り嘆き悲しんでいると、クローバーの妖精「サラ」が現れます。
どことなく、ベストセラー「夢をかなえるゾウ」に出てくるガネーシャを連想させますが、本書では妖精の力で待野が過去にタイムスリップし、人生をやり直します。

最初に原稿を読んだときは「安易な展開だなあ」と私も思いましたが(苦笑)、そのやり直し方が非常に面白く、「そう来たか!」などとぐいぐい引き込まれます。

そしてラストシーンがまた泣ける・・・!

これはぜひ多くの人に読んでいただきたいと思います!

最新刊『マンガ版「年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人』(学研プラス)
https://amzn.to/2IL0vdu



■起業塾「第2期生」募集中!。
https://peatix.com/event/394462/



■有料メールマガジン

昨年に引き続き、まぐまぐ大賞2017のMONEYVOICE部門で3位を
いただきました!

「午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門」
http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/category/money.html

現在進行形で取り組んでいるビジネス・投資・コスト削減策など
の活動状況とその成果を紹介しています。

今後発売する新刊の原稿も先んじて全文公開しており、私の著作
すべてをこのメルマガで読むことができます。
また、新刊をプレゼントする特典もついています。
http://www.mag2.com/m/0001370991.html



■書籍近刊

発売前に増刷!最新刊
「孤独をたのしむ力」(日本実業出版社)
http://amzn.to/2yTxiu4

「年収1億の勉強法 年収300万の勉強法」(学研プラス)
http://amzn.to/2sg3ZdQ

「33歳で資産3億つくった僕が43歳であえて貯金ゼロにした理由」
(日本経済新聞出版社)
http://amzn.to/2oLyCtH

「いい人をやめれば人生はうまくいく」(日本実業出版社)
http://amzn.to/2gJoA7Y

『仕事が速いお金持ち 仕事が遅い貧乏人』(学研プラス)
https://goo.gl/xxoJtT

「資産5億円を築いた私の お金が増える健康習慣」(アスペクト)
http://goo.gl/2DFUUH

『いつも時間に追われている人のための「超」時間術』(総合法令出版)
http://goo.gl/xxz8VS

「新版 貧乏人が激怒する 新しいお金の常識」(光文社)
http://goo.gl/Bcru1k

「やる気が出るスイッチの入れ方」(WAVE出版)
http://goo.gl/DcPyHo

「グーグル検索だけでお金持ちになる方法
〜貧乏人が激怒する2020年のマネー戦略」(光文社)
http://goo.gl/RNnWdy

「知っている人だけ得をする ローン0円住宅のつくりかた」(双葉社)
http://goo.gl/ge733R

「世帯年収600万円でも諦めない! 夫婦で年収5000万円になる方法」
(KADOKAWA/メディアファクトリー)
http://goo.gl/XeTy23
posted by 午堂登紀雄 at 08:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする