2018年04月08日

無料投資イベントのご案内

無料投資イベントのご案内です。

〇不動産投資セミナー

4月14日(土)に、まぐまぐさん主催の不動産投資セミナーに講師として登壇させていただくことになりました。
http://i.mag2.jp/r?aid=a5ab47804b88f0
当日は私自身の経験をベースに、不動産投資の進め方、考え方をご紹介します。

それにしても共催のケリーバックス社は1棟物件をメインにすごい業績を伸ばしているそうですが、おそらく積極的な銀行と組んでいるのだと思います。
というのも、不動産業者の業績を決める大きな要素は融資であり、金融機関とのパイプが重要だからです。
パネルディスカッションがありますので、そのあたりも聞いてみたいと思っています。

なお、過去に私のセミナーを聞いたことのある人は、重複する部分が多いのでご注意ください。


〇インターナショナル不動産&投資カンファレンス2018

また、5月12日(金)には、大阪の阪急うめだホールにて講演予定です。
https://propertyaccess.co/event
(阪急百貨店本店内)
東京の投資フェアでお話しした内容を、大阪でもご紹介いたします。

・価格の乱高下に一喜一憂しないでできる仮想通貨のマイニング
・家賃や住宅ローンから解放される賃貸併用住宅
・買取単価18円でも儲かるスーパー過積載の太陽光発電投資
・その太陽光で今年すでに5件の融資を獲得した方法
・今ポジションを増やしているFXの通貨ペアとは

など、いま実践中のリアルな情報を公開します。


■その他のセミナー

4月15日(日)都心マンション投資徹底理解セミナー
http://rei-masters.net/seminar/date/180415/


■有料メールマガジン

昨年に引き続き、まぐまぐ大賞2017のMONEYVOICE部門で3位をいただきました!
「午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門」
http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/category/money.html

現在進行形で取り組んでいるビジネス・投資・コスト削減策などの活動状況とその成果を紹介しています。

今後発売する新刊の原稿も先んじて全文公開しており、私の著作すべてをこのメルマガで読むことができます。また、新刊をプレゼントする特典もついています。
http://www.mag2.com/m/0001370991.html


■書籍近刊

発売前に増刷!最新刊
「孤独をたのしむ力」(日本実業出版社)
http://amzn.to/2yTxiu4

「年収1億の勉強法 年収300万の勉強法」(学研プラス)
http://amzn.to/2sg3ZdQ

「33歳で資産3億つくった僕が43歳であえて貯金ゼロにした理由」
(日本経済新聞出版社)
http://amzn.to/2oLyCtH

「いい人をやめれば人生はうまくいく」(日本実業出版社)
http://amzn.to/2gJoA7Y

『仕事が速いお金持ち 仕事が遅い貧乏人』(学研プラス)
https://goo.gl/xxoJtT

「資産5億円を築いた私の お金が増える健康習慣」(アスペクト)
http://goo.gl/2DFUUH

『いつも時間に追われている人のための「超」時間術』(総合法令出版)
http://goo.gl/xxz8VS

「新版 貧乏人が激怒する 新しいお金の常識」(光文社)
http://goo.gl/Bcru1k

「やる気が出るスイッチの入れ方」(WAVE出版)
http://goo.gl/DcPyHo

「グーグル検索だけでお金持ちになる方法
〜貧乏人が激怒する2020年のマネー戦略」(光文社)
http://goo.gl/RNnWdy

「知っている人だけ得をする ローン0円住宅のつくりかた」(双葉社)
http://goo.gl/ge733R

「世帯年収600万円でも諦めない! 夫婦で年収5000万円になる方法」
(KADOKAWA/メディアファクトリー)
http://goo.gl/XeTy23
posted by 午堂登紀雄 at 09:23| Comment(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

3月31日(土)「第1回 投資EXPO」に登壇します。

前回の投稿からだいぶ経ってしまいましたが、東京でも桜が咲き始め、春を実感する素敵な季節になりました。

さて、3月31日(土)に開催される「第1回 投資EXPO」に、私も登壇させていただくことになりました。
下記案内ページの「講演プログラム」最下段、18:00〜18:50という最後の枠です。
http://toushi.homes.co.jp/event/20180331/?cmp_id=03_poexee_00000024
遅い時間帯だからなのか、枠が空いてしまったということでお声がけいただきました。ありがとうございます。

中会場です。よかった。
なぜかというと、同時刻の大会場ではあの藤巻健史氏、不動産投資業界で有名な寺尾恵介氏、浦田健氏に菅井敏之氏など著名な方々が登壇するので、多くの人はそちらに行くと思われ、私のところだけガラガラだと主催のLIFULさんに申し訳ないからです。

でも差別化しなきゃと、何を話そうかと思ったのですが、全体的に不動産投資をテーマにした講演が多いので、それ以外のほうが面白いかなと。

ということもあり、私がここ数年取り組んでいる、仮想通貨のマイニング、太陽光発電投資、賃貸併用住宅、そしてFXという、不動産界隈の人たちあまりが目にしないであろう4つのテーマで講演させていただく予定です。
いまスライド資料を作っているのですが、なかなか面白くなりそうです(←自画自賛・笑)

仮想通貨のマイニングは、「そんな方法もあるんだ!」「やってみたい!」と思ってもらえるような内容にしようと頑張っています。(ちなみにコインチェックのNEMは私の分も流出していたようです。先日返金されました)

太陽光発電は今年も買っておりまだ買う予定ですが、既存の発電所が1年経ち実績が出ました。
そのうちの1件は、表面利回りで11.6%。
今年買う案件はもっと利回りが高くなる予定で、その秘訣はシステム単価の下落と過積載です。
この仕組み、そして20年後に私が予想しているチャンスについて解説します。

賃貸併用住宅も一昨年完成し家族で引っ越し住んでいますが、かなり快適です。
都内にいたときは入れなかった保育園にもなんとか入れました。
屋根の太陽光も利回り15%を超える実績。
広いリビングでは、妻が週末に近所の子どもたちを集めてリトミック教室を開催しています。
上階で稼ぎ屋根で稼ぎリビングでも稼ぐ3段活用!笑
こんな賃貸併用住宅の魅力と注意点を解説します。

FXはあまりうまくいっていないですが(苦笑)、将来への布石という発想でポジションを増やしています。
それは何か!?
いずれも失敗事例含めて実際の収支を公開しますので、ぜひお楽しみに!

当日はソムリエが選んだ日本酒・ワインが飲めるそうですよ!
ちょっと1杯ひっかけてから登壇するとおこられるでしょうか。。
なお参加費ですが、当日飛び入りだと3,000円のところ、事前申込みで無料になります。


“日本最高峰”の投資セミナーが東京ドームシティに集結!
【第1回投資EXPO 3/31(土)開幕】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<「第1回 投資EXPO」3月31日(土)東京ドームシティ>

杉村太蔵、おのののか、藤巻健史をはじめとした
豪華ゲストによる“日本最高峰”の投資セミナーが集結!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼WEBからの事前申し込みで入場無料(通常3,000円)
http://toushi.homes.co.jp/event/20180331/?cmp_id=03_poexee_00000024

3月31日(土)『第1回 投資EXPO』を東京ドームシティにて開催いたします。

杉村太蔵、おのののか、藤巻健史、寺尾恵介をはじめとした豪華ゲストによる日本最高峰の投資セミナーを一日を通して体験できます。

企業ブースでは、不動産投資(国内+海外)をはじめとして、株式や仮想通貨まで様々なジャンルの最新の投資情報が手に入ります。

さらに、オセロの世界チャンピオンとの対戦や占いなどの500円体験コーナーもご用意。
リゾート宿泊券や家電製品など豪華賞品が当たるスタンプラリーも開催します。
ご家族やご友人と一緒に楽しめるコンテンツもたくさん用意しております。

参加費は3,000円ですが、WEBから事前の参加申込みをされた場合は入場無料です。

この機会に、「第1回 投資EXPO」にぜひ足をお運びください。
ご来場を心よりお待ちしております。

▼WEBからの事前申し込みで入場無料(通常3,000円)
------------------------------------------------------------------
http://toushi.homes.co.jp/event/20180331/?cmp_id=03_poexee_00000024
------------------------------------------------------------------


▼講演プログラム
(※下記は一部です。多彩なゲストによる投資セミナーを一日中開催します)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<大会場 C 11:20-12:10>
「仮想通貨の時代 ブロックチェーンと仮想通貨は世界経済をどう変えるのか?」
篠原ヒロ(シビラ株式会社 COO)
佐々木 徹(株式会社ファム 代表取締役)

<大会場 BC 14:00-14:50>
「杉村太蔵とおのののかの熱血投資塾」
杉村太蔵(元衆議院議員 )
おのののか(タレント)

<中会場 D 16:40〜17:30>
「マネーの虎、南原竜樹が提言! 
今後のブロックチェーン技術を使った次世代のビジネスとは?!」
南原竜樹(LUFTホールディングス 代表取締役)

<大会場 A 18:00-18:50>
「不動産市況、アベノミクス、日本経済の行方」
藤巻健史(参議院議員・株式会社フジマキ・ジャパン代表取締役)

<大会場 B (18:00-18:50)>
「投資が成立しない国内不動産で、今後も着実に勝ち残る方法」
寺尾恵介(不動産投資家 / 満室経営新聞 編集長)

▼WEBからの事前申し込みで入場無料(通常3,000円)
------------------------------------------------------------------
http://toushi.homes.co.jp/event/20180331/?cmp_id=03_poexee_00000024
------------------------------------------------------------------


■投資EXPO 開催概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆タイトル
“日本最高峰”の投資セミナーが集結! 第1回 投資EXPO

◆日程
2018年3月31日(土)10:00〜19:00(開場9:30)

◆会場
東京ドームシティプリズムホール
(東京都文京区後楽1-3-61)

◆交通
JR「水道橋駅」より徒歩2分
都営三田線「水道橋駅」より徒歩1分

◆参加費
3,000円 (※事前の申込みをされた場合は入場無料)

◆定員
3,500名
※定員に達した場合はキャンセル待ちとさせて頂きます。予めご了承ください。

◆主催
株式会社LIFULL
つなぐ-en-システム株式会社

◆協力
HAPPY WOMAN実行委員会

◆詳細
http://toushi.homes.co.jp/event/20180331/?cmp_id=03_poexee_00000024

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■その他のセミナー

4月15日(日)都心マンション投資徹底理解セミナー
http://rei-masters.net/seminar/date/180415/


■有料メールマガジン

昨年に引き続き、まぐまぐ大賞2017のMONEYVOICE部門で3位をいただきました!
「午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門」
http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/category/money.html
現在進行形で取り組んでいるビジネス・投資・コスト削減策などの活動状況とその成果を紹介しています。
今後発売する新刊の原稿も先んじて全文公開しており、私の著作すべてをこのメルマガで読むことができます。また、新刊をプレゼントする特典もついています。
http://www.mag2.com/m/0001370991.html


■書籍近刊

発売前に増刷!最新刊「孤独をたのしむ力」(日本実業出版社)
http://amzn.to/2yTxiu4

「年収1億の勉強法 年収300万の勉強法」(学研プラス)
http://amzn.to/2sg3ZdQ

「33歳で資産3億つくった僕が43歳であえて貯金ゼロにした理由」(日本経済新聞出版社)
http://amzn.to/2oLyCtH

「いい人をやめれば人生はうまくいく」(日本実業出版社)
http://amzn.to/2gJoA7Y

『仕事が速いお金持ち 仕事が遅い貧乏人』(学研プラス)
https://goo.gl/xxoJtT

「資産5億円を築いた私の お金が増える健康習慣」(アスペクト)
http://goo.gl/2DFUUH

『いつも時間に追われている人のための「超」時間術』(総合法令出版)
http://goo.gl/xxz8VS

「新版 貧乏人が激怒する 新しいお金の常識」(光文社)
http://goo.gl/Bcru1k

「やる気が出るスイッチの入れ方」(WAVE出版)
http://goo.gl/DcPyHo

「グーグル検索だけでお金持ちになる方法〜貧乏人が激怒する2020年のマネー戦略」(光文社)
http://goo.gl/RNnWdy

「知っている人だけ得をする ローン0円住宅のつくりかた」(双葉社)
http://goo.gl/ge733R

「世帯年収600万円でも諦めない! 夫婦で年収5000万円になる方法」(KADOKAWA/メディアファクトリー)
http://goo.gl/XeTy23
posted by 午堂登紀雄 at 15:47| Comment(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

2018年の計画

新年明けましておめでとうございます。(と言いながら、もう12日も経ってしまいましたが。。)
わが家では、昨年生まれた次男、3歳の長男と家族4人での年末年始でした。

さて、以前から書いていることではありますが、私は経済的自由と精神的自由を目指しており、下記のようなメールマガジンも発行しています。

「午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門」
http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/category/money.html

経済的自由とはお金、特に不労所得のことで、精神的自由とはどんなことにも動じず乗り越えられる強いメンタルのことです。
この2つがあれば、どのような時代でも環境変化が起こっても、しぶとく、そして楽しく生きることができると思っています。

たとえば最近では、長男がなかなか言葉を話さないので医者に相談したら、発達障害と診断されました。
療育のため自宅から遠く離れた施設への送迎をすることになるのですが、それができるのも経済的にも時間的にもある程度の余裕があるからですし、それで悩んだり気にしたりということがないのも精神的な強さが身に付いたおかげではないかと思っています。

そして今年はさらに強化を目指していきます。
経済面では、投資の拡大です。
不動産では、手持ちの物件を売却しつつ、新たな物件を取得します。
今年は黒田日銀総裁の任期満了が来ますが、再任でも交代でも金融緩和は継続されると思いますので、ローンを積極的に活用していきます。

FXでは、高値掴みをしてしまった南アフリカランドの上昇とスワップポイントの蓄積で、大きな利益が出ています。
私のFX手法については、こちらの書籍で詳述しています。
「損切りしない!テクニカル分析を使わない!オキテ破りのFX投資で月50万円稼ぐ!」(ダイヤモンド社)
http://goo.gl/mnvtk
塩漬けにすること約2年半、含み損をスワップポイントが上回り、3たびこの方法の有効性が証明されました。
(レビューではボロボロにけなされていますが・苦笑)
トルコリラはまだ少し含み損が上回っていますが、今年中には解消される見込みです(暴落などがなければ、ですが)。

仮想通貨でも大きな含み益が出ており、億り人寸前まで来ています。
ただし、各国が政府独自の仮想通貨の実証実験を始めており、投機対象としての仮想通貨の寿命はそう長くないのではないかと思っています。
なので既存のコインへの追加投資は控え、まだ注目されていない割安なコインを探しています。

また、今年から始まった積立NISAで日本株と米国株に投資をしていきます。
特に米国はITやAIが強いですし、法人税の大幅減税も決まり、株は今年も強いと思っています。

精神面では、自分の内面を掘り下げ、それを「書く」ことで強化を図っていく予定です。
私自身、たとえば「孤独をたのしむ力」(日本実業出版社)や
http://amzn.to/2yTxiu4
「いい人をやめれば人生はうまくいく」(日本実業出版社)
http://amzn.to/2gJoA7Y
を書いたことで、以前よりももっと自分を肯定的に受け入れられるようになったからです。
そして、今までの人生でしてきた選択に自信を持てるようになったからです。
ということで今は、自分の会社が崩壊して一人になってしまった経験を振り返り、それを著作として執筆している最中です。

本まではいかなくても、たとえばブログなどで自分の経験や決断や感情を文字として吐き出すことは、悩み・不安・怒り・こだわりなどから自分を解放させる効果があります。

そんな日々の取り組みをこちらのメルマガで紹介しておりますので、もしご興味があればぜひお読みいただければと思います。

まぐまぐ大賞2017のMONEYVOICE部門で3位
「午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門」
http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/category/money.html


−2018年1月14日 『国内不動産投資フェア2018』−

私も当日、16時からのパネルディスカッションに登壇予定ですが、国内最大級の不動産投資フェアのご案内です。
参加無料【橋下徹の講演も!】
不動産投資の最新情報が一堂に集結<1/14東京開催>

■┓ 〜増税に年金不安。賢い不動産投資を見極めよう〜
┗╋-------------------------------------------------------
 ┃ 株式会社オウチーノ主催
 ┃ 『第二回全国不動産投資フェア2018』
 ┃ 
http://www.o-uccino.jp/mansion/shinchiku/special/fudousantoushifair20180114/?utm_source=tg_mail&utm_medium=cpc&utm_campaign=o-uccinoAD_fair


超低金利、年金不安、長生きリスク、相続対策、安定収入など、様々な要素で注目を集める不動産投資。
そこでオウチーノでは、「第二回全国不動産投資フェア2018」と題しまして、2018年1月14日に、不動産投資のプロフェッショナルが一堂に集結するイベントを開催させていただきます。

28社分の出展ブースと、17コマのセミナー枠をご用意。
元大阪府知事の「橋下徹」氏や、グラビアアイドルの「杉原杏璃」氏の講演など、魅力的なセミナーを多数開催!
本イベントは1,000名の定員制となっておりますので、ご興味のある方はお早めにお申し込み下さい!(事前予約制)

<国内最大級の個人投資家向け不動産投資フェア>
新築区分、中古一棟はもちろん、税務・融資相談やホステル投資、話題のIoTや不動産テックまで、日本中の「最新」不動産情報が一挙に集結します。
今すぐ役立つ貴重な講演も多数開催!

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  ゲストスピーカー ※順次公開予定
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
・橋下 徹(弁護士/前大阪市長/元大阪府知事)
・杉原 杏璃(タレント/グラビアアイドル)
・北野 琴奈(ファイナンシャル・プランナー/日本FP協会認定CFP認定者)
・午堂 登紀雄(株式会社エディビジョン/代表取締役)
・束田 光陽(日本ファイナンシャルアカデミー株式会社/認定講師/不動産投資家)
・肥後 知歩(日本ファイナンシャルアカデミー株式会社/認定講師)
・内藤 忍(株式会社資産デザイン研究所/代表取締役社長)
・大谷 義武(武蔵コーポレーション株式会社/代表取締役)
・巻口 成憲(リーウェイズ株式会社/代表取締役CEO)
・窪島 健悟(株式会社ギブコム/代表取締役社長)
・住本 明日菜(株式会社kellybucks/営業部)
・藤森 龍一(株式会社デベロップメントドクター/代表取締役)
・堀越 宏一(株式会社松堀不動産/代表取締役社長)
・住吉 秀一( センチュリー21レイシャス株式会社/代表取締役)
・石田 育男(and factory株式会社/執行役員)

▼▼▼詳細情報・事前参加申込みはこちら(※参加登録無料)▼▼▼
http://www.o-uccino.jp/mansion/shinchiku/special/fudousantoushifair20180114/?utm_source=tg_mail&utm_medium=cpc&utm_campaign=o-uccinoAD_fair

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
セミナースケジュール【メインホール】(200名規模)※順次公開予定
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
■10:30〜11:10 
「ゼロから始める不動産投資」大谷 義武(武蔵コーポレーション株式会社/代表取締役)

■11:30〜12:10 
「10年定額家賃保証を実現する新築一棟アパート「アルメゾン」」堀越 宏一(株式会社松堀不動産/代表取締役社長)

■13:00〜14:30 
「【橋下徹の一刀両断!時局を斬る!】〜激変する世界情勢において日本が進むべき道とは〜」橋下 徹(弁護士/前大阪市長/元大阪府知事)

■15:00〜15:40
「意外と簡単。会社員、公務員こそマンション経営!!」住吉 秀一(レイシャス株式会社/代表取締役)

■16:00〜17:00 
「パネルディスカッション」杉原 杏璃(タレント/グラビアアイドル)午堂 登紀雄(株式会社エディビジョン/代表取締役)北野 琴奈(ファイナンシャル・プランナー/日本FP協会認定CFP認定者)

▼▼▼詳細情報・事前参加申込みはこちら(※参加登録無料)▼▼▼
http://www.o-uccino.jp/mansion/shinchiku/special/fudousantoushifair20180114/?utm_source=tg_mail&utm_medium=cpc&utm_campaign=o-uccinoAD_fair

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
セミナースケジュール【サブホール1】(70名規模)※順次公開予定
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
■11:00〜11:40 
「銀行では教えてくれないアパートローンの借り換え術!」藤森 龍一(株式会社デベロップメントドクター/代表取締役)

■12:00〜12:40 
「マイナス収支に終止符!〜確実プラス収支で安定した運用方法〜」窪島 健悟(株式会社ギブコム/代表取締役社長)

■13:00〜14:30 
「【橋下徹の一刀両断!時局を斬る!】〜激変する世界情勢において日本が進むべき道とは〜」橋下 徹(弁護士/前大阪市長/元大阪府知事)

■15:00〜15:40 
「サブリース利回り7%以上!新築!旅館業を取得した1棟収益物件!」石田 育男(and factory株式会社/執行役員)

▼▼▼詳細情報・事前参加申込みはこちら(※参加登録無料)▼▼▼
http://www.o-uccino.jp/mansion/shinchiku/special/fudousantoushifair20180114/?utm_source=tg_mail&utm_medium=cpc&utm_campaign=o-uccinoAD_fair

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
セミナースケジュール【サブホール2】(70名規模)※順次公開予定
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
■10:00〜10:40
「お金に困らない人は知っている!お金と上手に付き合う3つのコツ」肥後 知歩(日本ファイナンシャルアカデミー株式会社/認定講師)

■11:00〜11:40 
「内藤忍氏に学ぶワンルームマンションの歪みを生かしたマンション投資術」内藤 忍(株式会社資産デザイン研究所/代表取締役社長)

■12:00〜12:40 
「『人工知能 × ビッグデータ』が高精度な将来収益予測を実現〜不動産テックによる新時代の不動産投資〜」(仮)巻口 成憲(リーウェイズ株式会社/代表取締役CEO)

■13:00〜14:30 
「【橋下徹の一刀両断!時局を斬る!】〜激変する世界情勢において日本が進むべき道とは〜」橋下 徹(弁護士/前大阪市長/元大阪府知事)

■15:00〜15:40 
「1棟マンション投資で安定した「利益」を長期的に保つ方法」住本 明日菜(株式会社kellybucks/営業部)

■17:10〜17:50
「不動産投資 規模拡大のテクニック〜初心者、中級者、上級者 ステージ別攻略法〜 」束田 光陽(日本ファイナンシャルアカデミー株式会社/認定講師/不動産投資家)

※講演内容は一部変更になる場合がございます。
※その他の時間も魅力的なセミナーを多数ご用意しております。

▼▼▼詳細情報・事前参加申込みはこちら(※参加登録無料)▼▼▼
http://www.o-uccino.jp/mansion/shinchiku/special/fudousantoushifair20180114/?utm_source=tg_mail&utm_medium=cpc&utm_campaign=o-uccinoAD_fair
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『全国不動産投資フェア2018』開催概要
?
【日時】 2018年1月14日(日)9:45−18:00 (入退場自由)
【定員】 1,000名※定員に達した場合はキャンセル待ちとさせていただきます
【会場】 赤坂インターシティコンファレンス
【住所】 東京都港区赤坂1 8-1 赤坂インターシティAIR 4F
【問合せ】0037−6000−66971(通話料無料)※10時〜18時(土・日・祝除く)
??
▼▼▼詳細情報・事前参加申込みはこちら(※参加登録無料)▼▼▼
http://www.o-uccino.jp/mansion/shinchiku/special/fudousantoushifair20180114/?utm_source=tg_mail&utm_medium=cpc&utm_campaign=o-uccinoAD_fair
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■有料メールマガジン

昨年に引き続き、まぐまぐ大賞2017のMONEYVOICE部門で3位を
いただきました!

「午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門」
http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/category/money.html

現在進行形で取り組んでいるビジネス・投資・コスト削減策など
の活動状況とその成果を紹介しています。

今後発売する新刊の原稿も先んじて全文公開しており、私の著作
すべてをこのメルマガで読むことができます。
また、新刊をプレゼントする特典もついています。
http://www.mag2.com/m/0001370991.html


■書籍近刊

発売前に増刷!最新刊「孤独をたのしむ力」(日本実業出版社)
http://amzn.to/2yTxiu4

「年収1億の勉強法 年収300万の勉強法」(学研プラス)
http://amzn.to/2sg3ZdQ

「33歳で資産3億つくった僕が43歳であえて貯金ゼロにした理由」(日本経済新聞出版社)
http://amzn.to/2oLyCtH

「いい人をやめれば人生はうまくいく」(日本実業出版社)
http://amzn.to/2gJoA7Y

『仕事が速いお金持ち 仕事が遅い貧乏人』(学研プラス)
https://goo.gl/xxoJtT

『いつも時間に追われている人のための「超」時間術』(総合法令出版)
http://goo.gl/xxz8VS

「新版 貧乏人が激怒する 新しいお金の常識」(光文社)
http://goo.gl/Bcru1k

「やる気が出るスイッチの入れ方」(WAVE出版)
http://goo.gl/DcPyHo

「グーグル検索だけでお金持ちになる方法〜貧乏人が激怒する2020年のマネー戦略」(光文社)
http://goo.gl/RNnWdy

「知っている人だけ得をする ローン0円住宅のつくりかた」(双葉社)
http://goo.gl/ge733R

「世帯年収600万円でも諦めない! 夫婦で年収5000万円になる方法」(KADOKAWA/メディアファクトリー)
http://goo.gl/XeTy23
posted by 午堂登紀雄 at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

最新刊「孤独をたのしむ力」発売のお知らせ

11月2日に新刊「孤独をたのしむ力」(日本実業出版社)という本が発売されました。
人生の「質」を上げる 孤独をたのしむ力 -
人生の「質」を上げる 孤独をたのしむ力 -

本書は、
『1つずつ自分を変えていく 捨てるべき40の「悪い」習慣』
http://goo.gl/4fVi5l
「いい人をやめれば人生はうまくいく」
http://amzn.to/2gJoA7Y

に続く「自分らしく自由に生きる」をテーマにした3部作の最新刊です。

今回は普段の2倍、16万字も書いて、それが編集の段階で9万字ほどに凝縮されて非常に濃い内容になり、おかげさまでなんと発売前に増刷が決まりました。

いつものようにまえがきをご紹介します。

<はじめに>

昨今は、ラインやフェイスブック、インスタグラムといったSNS、そしてそれらが使えるスマートフォンの普及によって、つねに誰かとつながっている「常時接続」の時代になっています。
こうしたSNSは、人間の承認欲求を満たすには格好のツールで、若い人の中には自分の見られ方を非常に気にし、「いいね」欲しさに写真映えを工夫する人も少なくありません。

しかし一方で、皆が自分を見せ、そして見てもらうという状態は、ある意味「監視社会」を生み出し、日本人の常識や道徳観に合わない言動をする人をいっせいに叩く「炎上」を頻繁に生み出す結果となっています。
そんなふうに強い同調圧力が世間を覆えば、価値観が均質化されやすくなり、人は周囲の反応を過剰に気にするようになります。「生きづらい世の中」「窮屈な社会」と言われるのもそのためです。

そんな重圧から抜け出すひとつの方法が、本書のテーマでもある「孤独」です。
多くの人は「孤独」や「ぼっち」という言葉にネガティブな印象を持っていると思います。
実際にも、日本人の中には、人との絆やつながりこそ重要であり、「孤独はよくないことだ」という常識があります。「人間は一人では生きていけない」という言葉に、「それは違う」と言える人は多くないと思います。

入学・進学した子どもが帰ってきて親が一番にかける言葉が「お友達はできた?」であるように、友達や一緒にいる人が少ない人、つまり孤独な人は、人間として失格であるかのような価値観を強いています。
テレビや週刊誌で時々「孤独死」という言葉が出てきますが、これもやはり孤独をネガティブに捉えている人々が多いということでしょう。

そのため多くの人は孤独を避けようとし、ひとりでいるところを見られまい、知られまいと振る舞います。
実際には、孤独がみじめなのではなく、「孤独はみじめだ」と思い込んでいる自分の固定観念が原因です。

たとえば「ランチメイト症候群(ランチに一緒に行く友達・同僚がいないことが強いストレスとなり、会社や学校に行けない)」や「便所飯(トイレの個室の中で弁当を食べる)」と言われる現象も、ひとりでいるところを見られて「あいつは友達もいない寂しいヤツだ」と思われるのを極度に恐れるからです。

そしてそうした思い込みは、ひとりにならないよう、寂しい人間だと思われないように、自分とは合わない人とでも無理に付き合う、合わないグループに自分を抑えてでも所属する、という行動を生み出します。

しかしそれは、本当の自分を出しているわけではなく、がまんして周囲に合わせて生きているので、いずれ精神的につらくなります。そうやって人間関係に疲弊し、行き詰っている人は少なくありません。


●孤独力とは「能力」であり高められる「スキル」である
そんな時代環境だからこそ獲得したいのが「孤独力」です。
孤独力とは、他人との接触を避け、物理的な孤独の状態そのものを愛するような、自閉的な意味ではありません。
孤独力とは、社会の中で人と関わりあいながらも、常に自分の意思を主軸に置いて、自己責任で生きるという姿勢のことです。この姿勢があれば、誰かと一緒でもたのしめるし、ひとりでもたのしめます。物理的に孤独になったとしても寂しさを感じることはありません。

そうした感覚を強く持つためには、自分との対話、つまり内省という習慣を手に入れることです。
内省とは、自分の価値観を振り返り、それをベースに経験を振り返って分析し、自分の思考体系とそれに起因する行動体系を軌道修正し、自らを成長させていく、高度に知的な作業です。

精神医学・心理学者のアンソニー・ストーがかつて、「ひとりでいられる能力は、自己発見と自己実現に結びついていき、自分の最も深いところにある要求や感情、衝動の自覚と結びついていく」と述べたとおり、孤独の中で自分の本心を的確にとらえ、それを生き方に反映させていくことでもありますす。

そうやって自分で自分の心を錬磨していく。たとえばAIがディープラーニングによって自己進化していくように、孤独による内省とは、自分で自分の精神を進化させるセルフ・ディープラーニングとも言えます。
 

●孤独は生きる強さの証 
そして、孤独な人間だけが持てる力に「人生の構想力」があります。
人は大人になる過程で、世間というモノサシで自分を見て、あるいは他人と相対することによって、自分がどういう人間であるかを解釈しようとします。たとえば他人と比べて運動や勉強ができるかどうか、容姿はどうだとか。
つまり「世間のモノサシ」から自分という存在の価値を認識するわけです。

もちろん、これはこれで必要であり不可欠なプロセスなのですが、孤独を恐れる人は、世間のモノサシを重視しすぎて、社会の常識やモラルに合わせようと、自分で自分を縛ってしまいます。そうやって他人に合わせて他人流で生きようとするため、息苦しくなるのです。

また、孤独を恐れる人は、絶えず他人に光を発し、反射されて返ってくる光のみでしか自分を認識できません。他人がいなければ自分の存在が確認できないうえ、他人の動きによって乱反射する光に惑わされたり揺らいだりします。

だから彼らは「ロールモデル」を欲します。「好きにしていいよ」と言われてまっさらな空間に放り出されたても、手本となる生き方がないと、自分は何をしたいか、何をすればいいかわからない。周囲からどう思わるか不安で、自分で生き方を決めることができません。
それは結局世間並みの発想、世間並みの生き方になるわけで、いわゆる「その他大勢」と言われる人々です。

しかし、孤独の中で内省によって自分の本心と向き合うことで、世間のモノサシから自分独自のモノサシへと比重を移すことができるようになります。
「自分はこれでいいと思う」「自分はこれが幸せにつながると思う」「他人はそう言うけれど、自分はこう考える」などという価値判断基準であり、自己肯定感であり、自律心です。


●自分で自分の能力を活かせる
それが育つと、過剰に他人の目を気にして行動するとか、人からどう思われるか気になって本音が出せないとかといったことが少なくなります。
そして、無理に自分を抑えてでも誰かと一緒にいなければならないとか、友達がいない人間は価値が低い、などという強迫観念もなくなります。

誰にも依存せず、すべてを自分で決められる(決める)という意志がある。すべてを自分で解決できる(する)という覚悟がある。他人のネガティブな影響を受けず、ポジティブな影響だけを自らの判断で選んで受け止めることができる。外的な要求や圧力に屈することなく、自分の意思と信念で自分の行動を選別できます。

他人からの影響を理性で排除し、自分の頭で自分の人生の展開を考え、「こう生きよう」という道筋を導けるようになり、それを信じられるようになる。
そんな姿勢はまさに、自己責任において自分の人生をデザインできる「人生の構想力」にほかなりません。

ドイツの哲学者カントは、「自己を啓発するとは未熟さから抜け出すことであり、未熟さとは、他者からの指示を受けないと自分の能力を使えない状態」と言いました。孤独とは、自分の意志で自分の能力を活かすことでもあるということです。


●孤独力とは孤高としての強さを持つこと
詳細は本文で紹介しますが、孤独の中で自分と向き合うことで、自分の感情を意のままに操れるようになれます。
自分で自分を理解し、認めてあげることができれば、「わかってくれない」「評価してくれない」という不満が出ることはありません。
自分が全力を尽くして事に当たったなら、満足できる結果だろうとそうでなかろうと、自分の努力を認めることができます。
そうやって、不安や悩みも自己消化できるし、出来事への捉え方を変え、幸せを感じられます。そんな精神の強さを高めるには、必ず孤独の時間が必要なのです。

精神分析家のD・W・ニコットが論文で、「ひとりでいられる能力は高度に知的加工の加えられた洗練された現象で、情緒的成熟と密接に関連している」と述べたように、いざとなったら、ひとりでも平気と自信を持て、嫌われて孤立しても気にせず、「自分にとって本当に大切なのは、自分の人生を生きること」と思える強さは、大人としての成熟度と言えるでしょう。

つまり本書で言うところの孤独とは、人との接点を自ら避けるとか、誰からも無視されて孤立することではなく、ひとり自分の信じる道を歩く「孤高」のほうが近い概念です。
みんなでいてもたのしいけれど、ひとりでもたのしい。どちらの状態でもたのしむことができる。ひとりになることが怖くなければ、無理して周囲に合わせて人間関係を維持する必要もなく、自分らしく生きられるのです。

本書では、寂しさという意味でのネガティブな孤独ではなく、人間が精神的に成熟するための必須体験としてのポジティブな孤独を紹介します。そして、いかに孤独を使いこなし、心の成長を獲得していくか、その方法論も紹介しました。
もし孤独でつらい、寂しい、苦しいと感じている人が、孤独はむしろとても素晴らしいことであると感じていただけたら、著者として大変うれしく思います。
posted by 午堂登紀雄 at 09:34| Comment(1) | 本日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする